カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

6/25~26@福島(2日目)

6/26(月)

ソバ屋で腹ごしらえの後、今回のメインイベント「入水鍾乳洞」へ!

入水は、阿武隈洞窟の近くにある洞窟で、A,B,Cコースに分けられている。

A:照明あり そのままの格好でOK 所要30分
B:照明なし 照明とぬれてもよい格好が必要 所要1時間
C:Bに加え、ガイドが必要 所要1.5時間


以前、阿武隈やめてひょいっと来ちゃったときに見付けたこの洞窟、準備や時間の関係でAコースを選択。それでも平日で他に人がいなかったのもあり、大興奮!!!

こりゃぁいつかCコースまで行きたい!と。

そんな思いを抱いていたのは自分らだけではなかったようで、今回このCコース行きが実現した。行くことがきまり、ちょっと検索かけたところいきついたHP→http://www1.plala.or.jp/CUE/cave_irimizu.html

このHPの、行ってきました掲示板、読めば読むほど不安要素集まる。

Tシャツ短パンビーサンで行ったという人から、頭を打つからヘルメットが必要だしパンツまで濡れるから着替えも必須、防水のヘッドライト必要、さらにウエット着ていったという人まで。さらに読み進めると、途中でリタイヤ!だの、あごまで水で泳いだだの、遭難しかけた人の話まで!!

オイオイ 一体どんななんだ?

以前、ガイド付きのかなりハードなケイビングをした事がありますが、その時はつなぎを着てヘルメットかぶってやった。結構アザできたし全身泥だらけになった。それを思えば、職場にあった使い捨てつなぎをパクっていこうか・・・と一瞬悩んだものの、そんなことはスッカリわすれて当日。

結局、Tシャツ、短パン、薄いナイロンパーカ、ビーサン、ろうそく、という軽装でのぞむ。

どうやら、以前の土系洞窟とは様子が違うので、結果的には良かったようだ。(途中ビーサンが流されたが)

c0036471_15552061.jpg


さて、Cコース、本当はガイド必須だが、平日ということもあり、ガイド無しで許可(いいのか?)。他にほどんと客はいない。

Aコース:以前は大興奮したが、今回はただの道路に見えた。

Bコース:いよいよろうそく登場!ろうそくの節約のため、半分の本数しか火を付けない。膝下まで水に浸かる。かなり冷たくジンジンするぞ!途中何ヶ所か通りにくい箇所(胎内くぐり)があり、ついに四つん這いに・・・。お尻も濡れた~。えぇぃ!どうにでもなれ。

Cコース:難易度はBとそこまで変わらないかな?ただし、Bにはたまにあった照明が、Cは完全になし。最終地点で、皆のろうそくを消してみた。完全に、真っ暗だった。

幻のDコース?:の穴が見えたが、ここで終わり。ろうそくはこの時点で結構短い。どう考えても、往復一本では足りない!

Uターンで戻る。意外と、バカにしていたAコースの下りが、滑りやすくて驚いた。最後まで油断禁物。

外界へ!やったー!空気が生ぬるい。



文才がなく、興奮度はまるで伝わらないが・・・行けばわかる!



他にもどこか、おもしろい洞窟な~いかな~?
[PR]
by axtsu | 2006-06-27 17:25 | リョコウオデカケ