カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7/17@海の日

この3連休で、つくば~佐原~銚子~御宿、と房総半島の東側を南下してまいりました。半年ほど前に、房総の西側をまわったので、良い感じです♪御宿辺りはその時回りきれなかったところなので、楽しみにしてました。

まずは勝浦の朝市に出かけて腹ごしらえ♪歩いているだけでおばちゃんが干物とか手渡してくれて楽しかった。それから御宿へ。

見たかったもの・・・それは「月の沙漠」
c0036471_14344152.jpg


小さい頃にね、来たことがあると思うんです。その頃は、「月の砂漠の砂は、きっと星砂に違いない!」って思ってたから、実際普通の砂でガッカリしたのを覚えています。それでも、とにかく海が大好きで、毎日のように「海に行きたい海に行きたい!」って騒いでた子供だったので、嬉しかった~。ほんとはね、もっと南国のエメラルドグリーンの海と椰子の木を想像してたんだけど、連れて行って貰えたのはいつもこんな、パラソルと海の家が並ぶ「いかにも日本の海!」だったなぁ(笑)。

c0036471_14485097.jpg

今となっては逆に懐かしい、海の家。


それから、月の沙漠には歌があるんですね。これがどうもうまく思い出せなくて。結構哀愁漂う歌だったハズ・・・。ん~?

それが、ここで解明されました。月の沙漠記念館に置いてあったオルゴールで、なんとなく・・・。極個人的にちょいスッキリ!

***************************************************************************
「月の沙漠」
c0036471_1555564.jpg月の砂漠を はるばると
旅のらくだがゆきました
金と銀との鞍置いて
二つ並んでゆきました

金の鞍には銀のかめ
銀の鞍には金のかめ
二つのかめにはそれぞれに
紐で結んでありました

さきの鞍には王子様
あとの鞍にはお姫様
乗った二人は おそろいの
白い上着を着てました
  
曠い砂漠をひとすじに
二人はどこへゆくのでしょう
おぼろにけぶる月の夜を
対のらくだはとぼとぼと
砂丘を越えてゆきました
黙って 超えてゆきました
***************************************************************************
なんだか物悲しい歌詞だなぁ。


海ではライフセービングの大会をやっていました!天気が崩れるとの予報でしたが、午前中はもった・・というかむしろ暑かったです。海に入ってちょうどいいくらいでした!


そこから帰る道で、段々天気が崩れてきました。でも、屏風ヶ浦のリベンジに向けて再度銚子を目指します。

観光協会の教えてくれた銚子マリーナに着いた頃は、結構雨と霧で、視界が悪くなっていました。そして、あたしのイメージする屏風ヶ浦は見えませんでした・・・(涙)

帰宅後、ネットで検索した結果、もっと別の、良いスポットがあるようでした。


いつか再々リベンジしたい!
[PR]
by axtsu | 2006-07-19 23:55 | リョコウオデカケ